FXソフトウェア使用許諾契約書 | 著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所

著作権・契約書の作成代行、許認可申請 制作業に携わる方々をサポートする千葉県船橋の行政書士   藤枝法務事務所


    契約書作成・チェック・雛形提供や
   著作権相談は藤枝法務事務所へ


無料相談受付中!電話受付は平日10:00~20:00
お問い合わせフォームは24時間365日対応
047-405-2782
お問い合わせフォームはコチラから

FX使用許諾契約書

概要



      契約書




  FXソフトウェア使用許諾
      FX Software license







FXと呼ばれる、外国為替証拠金取引で自動売買を行うソフトウェアの使用を許諾する際に交わされる契約書が「FXソフトウェア使用許諾契約書」です。


使用許諾ですので、販売ではないため、契約が終了した際は、ソフトウェアの使用を停止する(させる)のが基本です。



【契約当事者】
・FXソフトウェアの提供者と使用者との契約




契約の趣旨及び内容





FXソフトウェア使用許諾契約の趣旨・内容及びポイント等は以下のとおりです。





【趣旨】


  • 契約対象物であるFXソフトウェアの制作者が、その使用を希望する者に対して使用を許諾する。
  • FXソフトウェアの使用を許諾された者は、その対価として、契約書に定める月額、又はFXソフトウェアを使用して得た利益の何割かを制作者に支払う



【バックアップ】

  • バックアップ目的のFXソフトウェア複製(コピー)を認めるか否か




【禁止事項】

  • FXソフトウェアを使用する上での禁止事項(再許諾、譲渡、リバースエンジニアリング、改造etc・・・)を契約書に明記する。



【インストール】

  • FXソフトウェアのインストール作業の有無及び提供者がインストールをどこまでサポートするのか(インストールマニュアルの配布のみの場合もあり)等を定める。
  • 複数端末へのインストールが可能かどうか、またその際の条件等を契約書に明記する


【対価】

  • FXソフトウェアの使用料を月額固定金額にするか、またはFXソフトウェアを使用して得た利益の何割かを支払うといったようにするか等を定める。


【保守】

  • FXソフトウェアの保守対応について(その範囲や対応方法等)。



【免責】

  • FXソフトウェア使用に伴う免責事項は必ず規定すること。



【著作権等】

  • 契約対象物であるFXソフトウェアの著作権等の諸権利は、制作者である許諾者に引き続き帰属することを契約書において明示する。




FXソフトウェア使用許諾契約の概ねの趣旨及びポイント等は、一般的に上記のような形となります。


使用許諾の場合、販売するわけではないので、契約終了後はFXソフトウェアを使用することはできないため、どのタイミングでアンインストール作業を行うか等、契約終了後の措置も重要なポイントです。










【FXソフトウェア使用許諾契約書の当事務所対応実績例の一部】

  • 売切型のFX自動売買ソフトウェア使用許諾契約書
  • Excelツール型(値取得補助ツール含む)のFX自動売買ソフトウェア使用許諾規約


・・・etc



契約書式サンプル






FXソフトウェア使用許諾契約書


株式会社○○○○(以下「甲」という)とご契約者様(以下「乙」という)とは、甲が著作権その他諸権利を有する第1条に定めるソフトウェアの使用許諾について以下のとおり契約を締結する(以下「本契約」という)。



第1条(ソフトウェアの表示)
  本契約の対象となるソフトウェアとは、以下の内容のソフトウェアをいう(以下「本ソフトウェア」という)。
 タイトル 「FX○○○ソフト」
 制作者  甲
 動作環境及びOS  Windows(32ビット、64ビット)

第2条(契約の目的)
1)甲は乙に対し、本ソフトウェアの使用を非独占的に乙に許諾し、乙はその使用料を第9条の定めに従い甲に対し支払うものとする。
2)本ソフトウェアは、甲が乙に対して、乙が本契約条件に従う場合に限り使用を許諾するものであり、販売するものではないものとする。


第3条(本ソフトウェアの使用)
1)本ソフトウェアを使用する為の設備及び環境は全て乙が準備するものとし、これらに要した費用及び使用に要する通信費も全て乙が負担するものとする。
2)乙は、本ソフトウェアの使用にあたり、次の行為をしてはならないものとする。
 ①本ソフトウェアの譲渡、貸与、リース、再配布、又は再許諾をすること。
 ②本ソフトウェアの全部又は一部に対し、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、修正、又は二次的著作物の創作をすること。
 ③本ソフトウェアに関するドキュメント(納入物件等)を修正、翻訳、翻案すること。
3)乙は、本契約の各条項及び本ソフトウェア操作マニュアル並びにその他甲が口頭、又は書面で指示する事項を遵守して本ソフトウェアを使用する。


第4条(保証)
    以下、続く・・・・



【収入印紙】
FXソフトウェア使用許諾契約などの無体財産権を使用させる契約は印紙税法の課税文書とならないため、原則として契約書に印紙を貼付する必要はございません


但し、契約書内において定める保守対応の内容、又はカスタマイズ・オプション対応等が請負に該当するようならば、2号文書に該当し、これらの対応に関する対価に基づく収入印紙の貼付が必要になります。



FXソフトウェア使用許諾契約書 サービス料金





【FXソフトウェア使用許諾契約書の作成代行】

種類 料金 納期目安 成果物
契約書作成 \37,800(税込) 3営業日 A4用紙5枚程度

※上記料金には書面作成料・報酬・相談料が含まれております
※納期目安はご依頼日を起算日として算出しております。




【FXソフトウェア使用許諾契約書の修正・チェック】
種類 料金 納期目安 成果物
契約書等チェック
及び修正案の提示
1ページにつき
\4,000(税込)
2営業日 問題点の指摘や
文法の修正案を提示します

※上記料金には書面修正料(チェック料)・報酬・相談料が含まれております
※納期目安はご依頼日を起算日として算出しております。




【FXソフトウェア使用許諾契約書の雛形提供】
種類 料金 納期目安
契約書等雛形提供 \7,350(税込) 翌営業日

※雛形提供をご希望の方は、お問い合わせフォームを通じて、お問い合わせ内容に
 ご希望の契約書雛形名をご記載の上で当事務所までご連絡願います。
※カスタマイズをご要望される場合は、作業分量に応じて別途費用が掛かります。
※お客様より特にご指定がない場合はWordファイルで提供致します。
 (PDF、テキスト、書面等による提供はご要望に応じて対応致します)





<補足>
FXソフトウェア使用許諾契約の事案や難易度により料金が増減したり納期にお時間を頂く場合がございます。
そのため、ご依頼頂く前に、お客様から十分なヒヤリング等を行った上で見積書を提示致します。



FXソフトウェア使用許諾契約書ご依頼の流れ(遷移先ページ下部)



FXソフトウェア使用許諾契約について、質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

初回相談料は無料です
お問い合わせはコチラ





関連する契約書・規約

対応地域



  以下の業務は全国対応
 ・契約書業務(契約書の作成代行、チェック修正、雛形提供)
 ・著作権業務(著作権登録、存在事実証明作成、各種相談)

お気軽にお問い合わせください 047-405-2782

著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所     

業務案内

【著作権ブログ】
著作権 侵害・違反を考える

【各契約書ページ】
著作権関連


IT関連




【メディア掲載実績】
・日本経済新聞 電子版
 2011年5月30日、2011年5月31日
 「開発費不要をうたうIT企業の思惑」
 「新事業モデル支える二つの契約形態」
 取材協力等

・日経コンピュータ2011年4月28日号
 レベニューシェア契約に関する取材協力等
レベニューシェア契約