原盤・楽曲使用許諾契約書 | 著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所

著作権・契約書の作成代行、許認可申請 制作業に携わる方々をサポートする千葉県船橋の行政書士   藤枝法務事務所


    契約書作成・チェック・雛形提供や
   著作権相談は藤枝法務事務所へ


無料相談受付中!電話受付は平日10:00~20:00
お問い合わせフォームは24時間365日対応
047-405-2782
お問い合わせフォームはコチラから

原盤・楽曲使用許諾契約書

概要





契約書原盤・楽曲使用許諾




ある楽曲及び楽曲が収録されている原盤(マスター音源)を使用したい場合に締結される契約書が「原盤・楽曲使用許諾契約書」です。


JASRAC管理楽曲の場合、楽曲の使用(私的使用等除く)についてはJASRACに使用申請を行いますが、JASRACに管理されていない楽曲は、楽曲の著作権者に使用許諾を得る必要があります。


尚、楽曲のみならず、楽曲が収録されている原盤(マスター音源)を使用したい場合は、メジャーアーティストですと所属するレコード会社または所属事務所が原盤権の権利者であることが多いため、それらに許諾を得ることになりますが、インディーズアーティスト等のレコード会社と契約関係にないアーティストの原盤(マスター音源)は、アーティスト自身が権利を有している場合があり、その場合はアーティスト本人の許諾が必要になります。



今回は、レコード会社等に所属していないアーティスト本人から楽曲及び楽曲が収録されている原盤(マスター音源)の使用許諾を得るというケースでの契約書となります。





契約の趣旨及び内容





原盤・楽曲使用許諾契約における概要・ポイント等は以下のとおりです。




【契約概要】


  • 原盤及び楽曲の権利者が、原盤及び楽曲を使用することを許諾する
  • 許諾を受けた者は、使用許諾の対価として、印税または年間使用料などの固定料金を楽曲及び原盤の権利者に支払う。



【契約におけるポイント】


  • 使用される楽曲を特定する。また、作詞者・作曲者が複数いる場合は、それぞれから許諾を得る必要があるので、権利者全てが契約の当事者となる必要がある。
  • 原盤及び楽曲使用する目的・範囲を明確にする(CDへ収録したい、TV放送で楽曲を使用したい等)。
  • 使用許諾対価(印税等)の支払いをどのようにするか。
  • 使用許諾に基づいて制作されたCD・DVD等がある場合、それらの契約終了後の取り扱いについてどうするか。
  • 許諾を受けた者の原盤制作費の負担等はあるのか。
  • 著作権者表示の指定。






尚、原盤(マスター音源)は使用せず、楽曲のみを使用したいという場合もあります。この場合、楽曲の使用許諾を受けた者は、新たにその楽曲を使用した原盤(マスター音源)を制作することになります。


こういった場合は、「楽曲使用許諾契約書」といった題号になるかと思います。余談ですが、原盤のみの使用というのは物理的にあり得ないと考えます(原盤を使用するということは、同時に楽曲を使用することになるため)。


但し、原盤権はアーティストが保有しているが、収録楽曲の著作権がJASRACに委託されている場合というのもあります。


この場合、アーティストとは原盤のみの使用許諾契約という形になり、楽曲の使用についてはJASRACに使用許諾申請を行います。











【原盤・楽曲使用許諾契約書の当事務所対応実績例の一部】

  • ボーカロイド楽曲のコンピレーションアルバムを制作及び販売等するための原盤及び楽曲使用許諾






・・・etc



契約書式サンプル






原盤・楽曲使用許諾契約書




アーティスト○○○○(以下「甲」という)と△△△△株式会社(以下「乙」という)は、末尾目録記載の原盤(以下「本原盤」という)及び本原盤収録楽曲を、乙が下記作品に使用することに関して次のとおり契約する。



【本原盤及び収録楽曲を使用する作品】
名称:○○○○
媒体:DVD
原作者:○○○○
制作者:○○○○
販売会社:○○○○
小売価格:2,000円(税抜) / 2,100円(税込)


第1条(用語の解釈)
本契約において使用される用語について、それぞれ次のとおり定義する。
①実演  歌唱、演奏、口演、朗詠、ダンス、リミックス、DJ、演奏の為のコンピュータープログラミング、マニピュレート、その他一切の芸能的な行為。
②原盤  演奏家の実演、伴奏効果音、背景音等を収録した磁性テープまたはこれらを収録した固定媒体でレコードまたはビデオの複製及び頒布のために完全であると乙が認めるもの(マスター音源とも呼称される)。


第2条(原盤の使用許諾)
1)甲は乙に対し、本契約期間中、日本及び全世界の地域において、本原盤を上記作品(以下「本作品」という)に使用することを独占的に許諾する。
2)甲は、前項に基づき、遅滞なく乙に本原盤を提供するものとし、乙は本原盤を善良なる管理者の注意をもって保管及び管理する。

第3条(本原盤の使用範囲)


    以下、続く・・・・



本件のような、楽曲の著作権・原盤権等の無体財産権の使用許諾契約書は、印紙税の課税対象外になりますので、契約書には、収入印紙の貼付は不要となります。




原盤・楽曲使用許諾契約書サービス料金





【原盤・楽曲使用許諾契約書の作成代行】

種類 料金 納期目安 成果物
契約書作成 \33,600(税込) 4営業日後 A4用紙5枚程度

※上記料金には書面作成料・報酬・相談料が含まれております
※納期目安はご依頼日を起算日として算出しております。




【原盤・楽曲使用許諾契約書の修正・チェック】
種類 料金 納期目安 成果物
契約書等チェック
及び修正案の提示
1ページにつき
\4,000(税込)
3営業日後 問題点の指摘や
文法の修正案を提示します

※上記料金には書面修正料(チェック料)・報酬・相談料が含まれております
※納期目安はご依頼日を起算日として算出しております。



【原盤・楽曲使用許諾契約書の雛形提供】
種類 料金 納期目安
契約書等雛形提供 \7,350(税込) 翌営業日

※雛形提供をご希望の方は、お問い合わせフォームを通じて、お問い合わせ内容に
 ご希望の契約書雛形名をご記載の上で当事務所までご連絡願います。
※カスタマイズをご要望される場合は、作業分量に応じて別途費用が掛かります。
※お客様より特にご指定がない場合はWordファイルで提供致します。
 (PDF、テキスト、書面等による提供はご要望に応じて対応致します)






<補足>
原盤・楽曲使用許諾契約の事案や難易度により料金が増減したり納期にお時間を頂く場合がございます。
そのため、ご依頼頂く前に、お客様からヒヤリング等を行った上で御見積書を提示致します。



原盤・楽曲使用許諾契約書ご依頼の流れ(遷移先ページ下部)



原盤・楽曲使用許諾契約書について、ご相談等がございましたら、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

初回相談料は無料です
お問い合わせはコチラ





関連する契約書・規約

対応地域



  以下の業務は全国対応
 ・契約書業務(契約書の作成代行、チェック修正、雛形提供)
 ・著作権業務(著作権登録、存在事実証明作成、各種相談)

お気軽にお問い合わせください 047-405-2782

著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所     

業務案内

【著作権ブログ】
著作権 侵害・違反を考える

【各契約書ページ】
著作権関連


IT関連




【メディア掲載実績】
・日本経済新聞 電子版
 2011年5月30日、2011年5月31日
 「開発費不要をうたうIT企業の思惑」
 「新事業モデル支える二つの契約形態」
 取材協力等

・日経コンピュータ2011年4月28日号
 レベニューシェア契約に関する取材協力等
レベニューシェア契約