ソフトウェア保守契約書 | 著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所

著作権・契約書の作成代行、許認可申請 制作業に携わる方々をサポートする千葉県船橋の行政書士   藤枝法務事務所


    著作権・契約書の相談 作成は藤枝法務事務所へ


無料相談受付中!電話受付は平日10:00~20:00
お問い合わせフォームは24時間365日対応
047-405-2782
お問い合わせフォームはコチラから!

ソフトウェア保守契約書

概要





      契約書






  ソフトウェア保守
      Maintenance





Webシステム・業務用アプリケーション等の各種ソフトウェアが正常に稼働し続けるために、バグの修正や技術サポート、場合によってはバージョンアップ作業などを行うことを約する契約を締結する際に交わされるのが「ソフトウェア保守契約書」です。





【契約当事者】
ソフトウェアの保守を委託する側と受託する側との契約





契約の趣旨・内容





ソフトウェア保守契約に関する内容・ポイント等は以下のとおりです。



      Point



【契約内容】


  • Webシステム・汎用アプリケーション等(以下ソフトウェア等)が正常に稼働し続けられるよう、バグが発生した場合の修正や技術サポート等の保守業務を受託者は行う
  • 保守業務委託者は、受託者に対し、保守業務を委託する対価を月額若しくは年額として支払う



【契約におけるポイント】


  • 保守業務を行う範囲を明確にする。たとえば、バージョンアップ作業は行うのか、ユーザーからの問い合わせに直接対応することがあるのか等。
  • 保守業務の範囲外も明確にする。たとえば、業務委託者が勝手にソフトウェアを改造したことにより起きた障害や、別のアプリケーション等に起因する障害等についてはサポートする義務がないようにするなど
  • 定期的な保守業務対価とは別に、技術者を委託者事業所に派遣した場合などに要した交通費などの実費の負担について。
  • 障害対応窓口などの保守業務連絡方法や窓口を定めておく
  • 天災・停電等の間接的障害について、業務受託者は何らの責任を負わないことを明確にする。




ざっと契約の内容やポイントを上記のように列挙させて頂きました。

尚、本件のような著作物(プログラムやソフトウェア)が契約の目的物となっている場合、ソフトウェア目録等を別紙として作成することがあります。










【ソフトウェア保守契約書の当事務所対応実績例の一部】

  • CAEソフトウェア及びモジュール
  • 宿泊予約システム
  • マルチメディアコンテンツの制作・配信システム


・・・etc



契約書式サンプル






ソフトウェア保守契約書

 収 入
 印 紙
(金額は契約額に応じる)


○○株式会社(以下「甲」と言う。)と○○○合同会社 (以下「乙」と言う。)は、別紙目録記載のソフトウェア・プロダクト(以下「本ソフトウェア」と言う。)の保守メンテナンスに関し、次のとおり契約を締結する。(以下「本契約」という)



第1条(契約の目的)
1)甲は、本ソフトウェアの正常な稼働を維持するために、第2条に定める保守業務(以下「本業務」という)を乙に委託し、乙はこれを受託する。
2)甲は乙に対し、前項に定める本業務委託の対価を第7条に基づき支払うものとする。


第2条(保守業務の範囲)
乙は、本契約の期間中、次の各号に定める保守業務を行うものとする。
1)本ソフトウェアの不稼働を含む稼働不良に対する技術サービス。
2)本ソフトウェアの瑕疵に対する修補
3)本ソフトウェアの運用又は仕様に関する技術情報の提供
4)本ソフトウェアを用いた業務処理効率化に関するコンサルティング


第3条(本業務用の資料の提供及び貸与)
1)甲は乙に対し、甲が必要と認める乙が本業務を行うえで必要な資料及び情報等(以下「本資料」という)を乙から要請があり次第無償で貸与、開示等を行い提供する。
2)乙は甲に対し、本資料を善良なる管理者の注意をもって保管・管理し、甲の要求があるとき又は本契約が終了したときは、甲の指示に従い本資料を甲に返還又は廃棄するものとする。


第4条(業務範囲外)
    以下、続く・・・・




【収入印紙】
ソフトウェア保守契約書は、バグの修正等を保守業務に含むことが多い為原則として請負契約に該当するので、収入印紙税法上の第2号文書に該当する場合が多いです(契約期間若しくは契約金額が記載されていない場合は7号文書)。


2号文書は、契約額に応じた収入印紙が必要となります。なお、保守対価が月額で定められている場合、契約期間が1年なら月額×12の金額が契約額となります。


尚、収入印紙を貼っていなくても契約の成立には何ら影響を与えませんが、税務調査等によりそのことが知られた場合には、印紙税法違反となり、本来払うべき印紙税額の3倍を支払うことになります。




ソフトウェア保守契約書 サービス料金





【ソフトウェア保守契約書の作成代行】

種類 料金 納期目安 成果物
契約書作成 \37,800(税込) 4営業日 A4用紙5枚程度

※上記料金には書面作成料・報酬・相談料が含まれております
※納期目安はご依頼日を起算日として算出しております。




【ソフトウェア保守契約書のチェック(確認)・修正】
種類 料金 納期目安 成果物
契約書等チェック
及び修正案の提示
1ページにつき
\4,000(税込)
3営業日 問題点の指摘や
文法の修正案を提示します

※上記料金には書面修正料(チェック料)・報酬・相談料が含まれております
※納期目安はご依頼日を起算日として算出しております。




【ソフトウェア保守契約書の雛形提供】
種類 料金 納期目安
契約書等雛形提供 \7,350(税込) 翌営業日

※雛形提供をご希望の方は、お問い合わせフォームを通じて、お問い合わせ内容に
 ご希望の契約書雛形名をご記載の上で当事務所までご連絡願います。
※カスタマイズをご要望される場合は、作業分量に応じて別途費用が掛かります。
※お客様より特にご指定がない場合はWordファイルで提供致します。
 (PDF、テキスト、書面等による提供はご要望に応じて対応致します)





<補足>
ソフトウェア保守契約の事案や難易度により料金が増減したり納期にお時間を頂く場合がございます。
そのため、ご依頼頂く前に、お客様から十分なヒヤリング等を行った上で見積書を提示致します。



ソフトウェア保守契約書ご依頼の流れ(遷移先ページ下部)



ソフトウェア保守契約について、ご相談等がございましたら、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

初回相談料は無料です
お問い合わせはコチラ





関連する契約書・判例

対応地域



  以下の業務は全国対応(これら以外の業務は関東地域まで)
 ・契約書業務(契約書の作成代行、チェック修正、雛形提供)
 ・著作権業務(著作権登録、存在事実証明作成、各種相談)
img

お気軽にお問い合わせください 047-405-2782

著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所     

業務案内

【著作権ブログ】
著作権 侵害・違反を考える