宿泊予約システム保守契約書 | 著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所

著作権・契約書の作成代行、許認可申請 制作業に携わる方々をサポートする千葉県船橋の行政書士   藤枝法務事務所


    契約書作成・チェック・雛形提供や
   著作権相談は藤枝法務事務所へ


無料相談受付中!電話受付は平日10:00~20:00
お問い合わせフォームは24時間365日対応
047-405-2782
お問い合わせフォームはコチラから

宿泊予約システム保守契約書

概要





契約書システム保守




旅館やホテル等に向けて提供する宿泊予約システムの、正常な稼働や異常発生対応、問い合わせ対応等の保守業務に関する契約を締結する際に交わされるのが「宿泊予約システム保守契約書」です。



旅館やホテル等に向けてシステムを提供している者と、実際にそのシステムを開発した業者との間で締結されたりすることも多いです。






契約の趣旨及び内容





宿泊予約システム保守契約に関する内容・ポイント等は以下のとおりです。




【契約内容】


  • 保守対象システムの正常な稼働を維持するための対応や、異常発生対応、問い合わせ対応または場合によってはユーザーサポート、運用まで行う場合があります
  • 宿泊予約システム保守委託者は、受託者に対して、月額または年額という形で保守対価を支払う



【契約におけるポイント】


  • 保守対象のシステムはどれなのか。関連するシステム等も含めてできる限り特定させる。
  • 保守業務の範囲を明確にする。例えば、システムのバックアップ取得及び復旧作業、監視スクリプトを用いてのシステム監視、ソースコードメンテナンス・データベースチューニング等といったことまで保守に含まれるのかなど。
  • 保守対応時間を明確にし、対応時間外に保守対応を依頼する場合の費用等を明確にする
  • 出張作業等の、別途費用が生じる事項について明確にする
  • 保守契約の過程で、両者間で取り交わされる書面は何があるのかを明確にする。例えば、仕様書、作業報告書、宿泊予約システム関連資料等
  • 保守対価の支払方法。毎月支払うのか、それとも年額いくらというようにしておいて、半年ずつに分けて支払うのか等
  • 免責事項。どういった場合に、保守業者の責任等が免責されるのか等を明確にする。




ざっと契約の内容やポイントを上記のように列挙させて頂きました。

保守業務の過程で納入する納入物がある場合は、それらの納入方法や権利の帰属等も定めておきたいところです。







契約書式サンプル






宿泊予約システム保守契約書

 収 入
 印 紙
(金額は契約額に応じる)


株式会社○○○○(以下「甲」という)と株式会社△△△(以下「乙」という)は、別紙記載のシステム(以下「本システム」という)の保守に関して、以下の通り契約を締結し合意します(以下「本契約」という)。



第1条(契約の目的)
甲は、本システムの正常かつ良好な稼働を維持するため、第2条に定める本システム保守業務(以下「本業務」という)を乙に委託し、乙はこれを誠実に遂行することを約し受託します。


第2条(保守業務の範囲)
1)本契約に基づき乙が受託する本業務の範囲は次に各号に定めるとおりとします。
 ①本システムの稼働不良または瑕疵に対する対応。
 ②本システムの運用または仕様に関する相談対応及び技術情報の提供。
 ③本システムの正常かつ良好な稼動を目的とする本システム改善に関する相談対応。
 ④本システム利用者からの本システムに関する問い合わせ対応
 ⑤本システムのより良好な稼働を目的とする本システムマイナーバージョンアップ対応
 ⑥本システム及び関連するデータベース等の定期的なバックアップ取得
 ⑦その他前各号に付帯関連する一切の業務
2)次の各号に定める業務は本業務の範囲外とします。
 ①本システムの仕様変更(デザイン変更含む)。
 ②本システム用に新たなデータベース、システム、コンテンツ等を作成する業務。


第3条(仕様書)
1)甲及び乙は、本契約締結後、甲乙協議の上で本業務の詳細等を仕様書に定めるものとする。
2)甲及び乙は、仕様書の内容に疑義が生じた場合または内容の変更を要望する場合、別途相手方に対してその旨を通知し、双方協議の上で。問題の解決を図るものとする。


第4条(本業務の実施)
    以下、続く・・・・



宿泊予約システム保守契約書は、バグの修正等を保守業務に含むことが多い為原則として請負契約に該当するので、収入印紙税法上の第2号文書に該当する場合が多いです(契約期間若しくは契約金額が記載されていない場合は7号文書)。


2号文書は、契約額に応じた収入印紙が必要となります。なお、保守対価が月額で定められている場合、契約期間が1年なら月額×12の金額が契約額となります。

7号文書は、一律で4000円の収入印紙が必要になります。


尚、収入印紙を貼っていなくても契約の成立には何ら影響を与えませんが、税務調査等によりそのことが知られた場合には、印紙税法違反となり、本来払うべき印紙税額の3倍を支払うことになります。




宿泊予約システム保守契約書サービス料金





【宿泊予約システム保守契約書の作成代行】

種類 料金 納期目安 成果物
契約書作成 \37,800(税込) 4営業日 A4用紙5枚程度

※上記料金には書面作成料・報酬・相談料が含まれております
※納期目安はご依頼日を起算日として算出しております。




【宿泊予約システム保守契約書の修正・チェック】
種類 料金 納期目安 成果物
契約書等チェック
及び修正案の提示
1ページにつき
\4,000(税込)
3営業日 問題点の指摘や
文法の修正案を提示します

※上記料金には書面修正料(チェック料)・報酬・相談料が含まれております
※納期目安はご依頼日を起算日として算出しております。




【宿泊予約システム保守契約書の雛形提供】
種類 料金 納期目安
契約書等雛形提供 \7,350(税込) 翌営業日

※雛形提供をご希望の方は、お問い合わせフォームを通じて、お問い合わせ内容に
 ご希望の契約書雛形名をご記載の上で当事務所までご連絡願います。
※カスタマイズをご要望される場合は、作業分量に応じて別途費用が掛かります。
※お客様より特にご指定がない場合はWordファイルで提供致します。
 (PDF、テキスト、書面等による提供はご要望に応じて対応致します)





<補足>
宿泊予約システム保守契約の事案や難易度により料金が増減したり納期にお時間を頂く場合がございます。
そのため、ご依頼頂く前に、お客様から十分なヒヤリング等を行った上で見積書を提示致します。



宿泊予約システム保守契約書ご依頼の流れ(遷移先ページ下部)





宿泊予約システム保守契約について、質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

初回相談料は無料です
お問い合わせはコチラ





関連する契約書・規約

対応地域



  以下の業務は全国対応
 ・契約書業務(契約書の作成代行、チェック修正、雛形提供)
 ・著作権業務(著作権登録、存在事実証明作成、各種相談)

お気軽にお問い合わせください 047-405-2782

著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所     

業務案内

【著作権ブログ】
著作権 侵害・違反を考える

【各契約書ページ】
著作権関連


IT関連




【メディア掲載実績】
・日本経済新聞 電子版
 2011年5月30日、2011年5月31日
 「開発費不要をうたうIT企業の思惑」
 「新事業モデル支える二つの契約形態」
 取材協力等

・日経コンピュータ2011年4月28日号
 レベニューシェア契約に関する取材協力等
レベニューシェア契約