スポーツ選手や文化人が芸能活動のマネジメントを依頼する場合 | 著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所

著作権・契約書の作成代行、許認可申請 制作業に携わる方々をサポートする千葉県船橋の行政書士   藤枝法務事務所


    契約書作成・チェック・雛形提供や
   著作権相談は藤枝法務事務所へ


無料相談受付中!電話受付は平日10:00~20:00
お問い合わせフォームは24時間365日対応
047-405-2782
お問い合わせフォームはコチラから

スポーツ選手や文化人がマネジメントを依頼する場合

契約書式





どんな契約書が必要で
どんな契約書を結べばよいか




【現役のスポーツ選手の芸能活動に関するマネジメントを依頼する場合】

現役のスポーツ選手やアスリート(以下「スポーツ選手等」といいます)がある特定の芸能プロダクションやマネジメント会社(以下「芸能プロダクション等」といいます)に、自身の芸能活動に関するマネジメントを専属的に依頼するという場合は、タレント等のときとほぼ同様に「専属マネジメント契約書」をそのスポーツ選手等と芸能プロダクション等との間で締結します。


尚、スポーツ選手等の芸能活動に関するマネジメントを依頼する場合は通常は専属的ですが、ある国に限定するような形での専属マネジメント契約ということも割りと見受けられます。例えば日本における芸能活動については日本のある芸能プロダクションに専属的にマネジメントを依頼し、アメリカではまた別のアメリカの会社にマネジメントを専属的に依頼するといった具合です。但し、ある国におけるマネジメントを専属的ではない形にするのは基本的にはほとんどないことかと思いますので、やはり必要な契約書は上記のとおり「専属マネジメント契約書」になろうかと思います。


また、スポーツ選手等が芸能プロダクション等に芸能活動に関するマネジメントを依頼する場合の専属マネジメント契約書は、タレント等の場合の専属マネジメント契約書とはやや内容が異なり、対象がスポーツ選手等であることに配慮した規定がいくつか見受けられます。よって、タレント等の場合の専属マネジメント契約書をスポーツ選手等においてもそのまま使えるかというとあまりそうとはいえず、スポーツ選手等特有の事情を考慮する必要はあろうかと思います(そもそも芸能活動は本業ではないということや、スポーツチームや団体等に所属していることが多い等)。




専属マネジメント契約書の作成や雛形提供についてはこちら





【現役ではないスポーツ選手の場合】

引退して既に現役ではないスポーツ選手等が芸能活動に関するマネジメントを芸能プロダクション等に依頼する場合は、およそタレント等の場合と同じ内容の「専属マネジメント契約書」を取り交わすことになります。


引退すると基本的にはチームや団体への所属もなくなるためです。但し、芸能活動以外の活動がある場合は(コーチ業等)、そうした活動に対する配慮が専属マネジメント契約書の中にも必要になってくる場合がありますので、その点には注意が必要です。




【文化の場合】

芸能活動以外の活動が主となる文化人(作家、占い師、大学教授、ジャーナリスト、評論家、映画監督等)の芸能に関するマネジメントを芸能プロダクション等に依頼する場合は、こちらもやはり「専属マネジメント契約書」を取り交わすことになります。内容的には前記の現役ではないスポーツ選手の場合に近いです。


芸能活動以外の活動があって、契約書においてもそれに配慮する必要があります。また、文化人の場合、プロダクションにマネジメントを依頼する以前から、プロダクションを通さずに自らで仕事を獲得してきた経験がある方が割りといらっしゃるため、文化人自らで芸能に関する仕事をとってくることができるような契約内容にしていることも割りとみられます。このような場合であっても、芸能に関する案件は全て最終的にはプロダクションの管轄とするのであれば、「専属マネジメント契約書」を取り交わす形でよいと考えます。プロダクションの管轄外の芸能活動が発生することが許されるような事例の場合は、「専属ではないマネジメント契約書」になるものと考えます。






どの契約書が適切かよく分からないときはこちら
こんな時どんな契約書が必要?


スポーツ選手等や文化人が芸能プロダクション等に芸能活動に関するマネジメントを依頼する場合の契約書について、ご相談等がございましたら、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせはコチラ





対応地域



  以下の業務は全国対応
 ・契約書業務(契約書の作成代行、チェック修正、雛形提供)
 ・著作権業務(著作権登録、存在事実証明作成、各種相談)

お気軽にお問い合わせください 047-405-2782

著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所     

業務案内

【著作権ブログ】
著作権 侵害・違反を考える

【各契約書ページ】
著作権関連


IT関連




【メディア掲載実績】
・日本経済新聞 電子版
 2011年5月30日、2011年5月31日
 「開発費不要をうたうIT企業の思惑」
 「新事業モデル支える二つの契約形態」
 取材協力等

・日経コンピュータ2011年4月28日号
 レベニューシェア契約に関する取材協力等
レベニューシェア契約