ウィニーで映画無断配布=著作権法違反容疑で元消防署員逮捕 | 著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所

著作権・契約書の作成代行、許認可申請 制作業に携わる方々をサポートする千葉県船橋の行政書士   藤枝法務事務所


    契約書作成・チェック・雛形提供や
   著作権相談は藤枝法務事務所へ


無料相談受付中!電話受付は平日10:00~20:00
お問い合わせフォームは24時間365日対応
047-405-2782
お問い合わせフォームはコチラから

著作権・契約書の作成 > 著作権ニュース > ウィニーで映画無断配布=著作権法違反容疑で元消防署員逮捕

ウィニーで映画無断配布=著作権法違反容疑で元消防署員逮捕

著作権ニュース

ウィニーで映画無断配布=著作権法違反容疑で元消防署員逮捕

<2009年9月15日>

ソース元:http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2009091500242
時事通信 2009/09/15 「ウィニーで映画無断配布=容疑で元消防署員逮捕-5年で3000作品入手か・警視庁」


以下引用

ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」などを使い、映画やテレビドラマを無断でインターネット上に配布したとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターと丸の内署は15日までに、著作権法違反容疑で、元東京消防庁滝野川消防署副士長原口悦郎容疑者(58)=埼玉県蕨市中央=を逮捕した。


以前、9月12日に「公開前の洋画をネット上に配信」したとして著作権法違反容疑で逮捕されるというニュースがございましたが、またしても同様の事件が発生しました。

今回は人気漫画「DMC」の映画などがファイル共有ソフトでダウンロードできる状態にしたことによる罪に問われているようです。

本件は、著作権法違反と報道されておりますが、厳密には著作権に含まれている権利のうち「送信可能化権」を侵害した罪となります。

「送信可能化権」とは、インターネットなどで著作物を自動的に公衆に送信しうる状態に置くことのできる権利であり、ネット上での違法配信などはほとんどこの送信可能化権の侵害となっております。


ちなみに、容疑者は「他人に売らなければ大丈夫だと思った」と供述しているようですが、他のファイル交換ソフトユーザーも同じような考えなのでしょうか。だとしたらとても危険です。


来年1月1日施行の改正著作権法の動きに伴い、本件のような違法配信の取り締まりが今後より一層厳しくなっていくことが見込まれます。


本件の容疑者は今まで映画など1000作品を無断で配布していたようですが、今後、これより少ない被害であっても逮捕される可能性は十分にありえます。


今後も、違法配信に関するニュースはこの著作権ニュースの中でも特に取り上げていきたいと思います。

公開前の洋画をネット上に配信・・ | 著作権ニュース一覧へ | JVCAが入試問題集出版社に・・

対応地域



  以下の業務は全国対応
 ・契約書業務(契約書の作成代行、チェック修正、雛形提供)
 ・著作権業務(著作権登録、存在事実証明作成、各種相談)

お気軽にお問い合わせください 047-405-2782

著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所     

業務案内

【著作権ブログ】
著作権 侵害・違反を考える

【各契約書ページ】
著作権関連


IT関連




【メディア掲載実績】
・日本経済新聞 電子版
 2011年5月30日、2011年5月31日
 「開発費不要をうたうIT企業の思惑」
 「新事業モデル支える二つの契約形態」
 取材協力等

・日経コンピュータ2011年4月28日号
 レベニューシェア契約に関する取材協力等
レベニューシェア契約