「桃鉄」キャラの無断使用、著作権法違反容疑で風俗店を家宅捜索 | 著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所

著作権・契約書の作成代行、許認可申請 制作業に携わる方々をサポートする千葉県船橋の行政書士   藤枝法務事務所


    契約書作成・チェック・雛形提供や
   著作権相談は藤枝法務事務所へ


無料相談受付中!電話受付は平日10:00~20:00
お問い合わせフォームは24時間365日対応
047-405-2782
お問い合わせフォームはコチラから

著作権・契約書の作成 > 著作権ニュース > 「桃鉄」キャラの無断使用、著作権法違反容疑で風俗店を家宅捜索

「桃鉄」キャラの無断使用、著作権法違反容疑で風俗店を家宅捜索

著作権ニュース

「桃鉄」キャラの無断使用、著作権法違反容疑で風俗店を家宅捜索

<2009年9月28日>
ソース元:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/305566/
産経新聞 「ゲーム「桃太郎電鉄」キャラ無断使用 大阪府警が風俗店を家宅捜索」2009/09/25


以下、ソース元より引用

人気ゲームシリーズ「桃太郎電鉄」のキャラクターを無断で使用したとして、大阪府警が著作権法違反容疑で大阪市内などに店舗を構える風俗店の運営会社などを家宅捜索。


このニュースを知ったとき、実は結構驚きました。

というのも、アニメやゲーム等のキャラクターを無断使用したとして風俗店が著作権侵害容疑で家宅捜索を受けるというのは、当方聞いたことがございませんし、ソース元でもコンピュータソフトウェア協会が同様の見解を述べております。


どうやら、風俗店のホームページや店の看板に「桃太郎電鉄」の主要キャラクターである「桃太郎」に酷似したキャラクターを使用したことが著作権法違反容疑につながったようです。。

風俗店に限らず、アニメ・漫画・ゲームのキャラクターを無断で使用しているような店舗は少なからず存在しますので、今回の事件をきっかけに取り締まりが厳しくなっていくのでしょうか。

取り締まりが厳しくなってくると、「フェアユース」の話がより本格的に議論されてくるかもしれませんね。



しかし、今年は著作権法違反に対する取り締まりが例年よりも一層厳しくなっているのだと改めて実感しました。


このニュースをご覧の方で著作権について不安に思うことがございましたら、是非、当事務所に一度ご相談して頂ければと思います。

初回相談料は無料ですので、お気軽にご相談ください。


グリーが釣りゲームの著作権侵害と・・ | 著作権ニュース一覧へ | ドラクエⅨネット流出の著作権法・・

対応地域



  以下の業務は全国対応
 ・契約書業務(契約書の作成代行、チェック修正、雛形提供)
 ・著作権業務(著作権登録、存在事実証明作成、各種相談)

お気軽にお問い合わせください 047-405-2782

著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所     

業務案内

【著作権ブログ】
著作権 侵害・違反を考える

【各契約書ページ】
著作権関連


IT関連




【メディア掲載実績】
・日本経済新聞 電子版
 2011年5月30日、2011年5月31日
 「開発費不要をうたうIT企業の思惑」
 「新事業モデル支える二つの契約形態」
 取材協力等

・日経コンピュータ2011年4月28日号
 レベニューシェア契約に関する取材協力等
レベニューシェア契約