ドラクエⅨネット流出の著作権法違反で会社員逮捕 | 著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所

著作権・契約書の作成代行、許認可申請 制作業に携わる方々をサポートする千葉県船橋の行政書士   藤枝法務事務所


    契約書作成・チェック・雛形提供や
   著作権相談は藤枝法務事務所へ


無料相談受付中!電話受付は平日10:00~20:00
お問い合わせフォームは24時間365日対応
047-405-2782
お問い合わせフォームはコチラから

ドラクエⅨネット流出の著作権法違反で会社員逮捕

著作権ニュース

ドラクエⅨネット流出の著作権法違反で会社員逮捕

<2009年10月1日>
情報元:http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20090930/dms0909301558012-n2.htm
ZAKZAK 「ドラクエIX発売前流出のワケ 犯人はネットで“神”扱い」2009/09/30


以下、情報元より引用

ニンテンドーDS用ソフト「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」を、ファイル交換ソフト「Share(シェア)」を使ってインターネット上に流出させたとして、千葉県警は30日、著作権法違反容疑で愛知県内の男を逮捕した。


またもやという事件ですね。

以前より当事務所の著作権ニュースでも取り上げてきましたが、ファイル交換ソフトを利用してネット上にゲームソフト等の著作物を流出させて逮捕される事件が今年は本当に多いです。

ただ、今回の事件は、7月1日には県警がサイバーパトロールで発見し、8月下旬には既に今回の逮捕者宅の家宅捜索も行われていたようです。この流れは個人的には興味深いです。

というのも、ゲームソフトや映画などのネット上の流出は、通常、著作権者である映画制作会社やゲーム制作会社が見つけてそれを警察に親告するという形がとられるのですが、今回は予め警察が完全にマークしていたからです。

推測するに、発売元である「スクウェア・エニックス」から事前にお願いをされていた可能性が十分に考えられますが、それにしても珍しいパターンかなと思います。


しかも、今回は違法ソフトをダウンロードした利用者が任意とはいえ事情聴取を受けたというから驚きです。

来年の1月1日から施行される改正著作権法で、違法ソフトを違法と知りながらダウンロードする行為が法で明確に禁止されますが、その流れを受けての異例の事情聴取でしょうか。

来年の法改正後、ネット上に流出させた人間のみならず、ダウンロードした利用者もどんどん逮捕されていくのでしょうか。

今年は、「著作権」の在り方というものをよく考えさせられるニュースが多く、来年の法改正後、著作権のあり方がどのようになっていくのか大変興味深いです。

「桃鉄」キャラの無断使用、著作権法・・ | 著作権ニュース一覧へ | 著作権者団体が出版社に対し・・

対応地域



  以下の業務は全国対応
 ・契約書業務(契約書の作成代行、チェック修正、雛形提供)
 ・著作権業務(著作権登録、存在事実証明作成、各種相談)

お気軽にお問い合わせください 047-405-2782

著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所     

業務案内

【著作権ブログ】
著作権 侵害・違反を考える

【各契約書ページ】
著作権関連


IT関連




【メディア掲載実績】
・日本経済新聞 電子版
 2011年5月30日、2011年5月31日
 「開発費不要をうたうIT企業の思惑」
 「新事業モデル支える二つの契約形態」
 取材協力等

・日経コンピュータ2011年4月28日号
 レベニューシェア契約に関する取材協力等
レベニューシェア契約