「キティライター」を無断製造したとして製造会社社長逮捕 | 著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所

著作権・契約書の作成代行、許認可申請 制作業に携わる方々をサポートする千葉県船橋の行政書士   藤枝法務事務所


    契約書作成・チェック・雛形提供や
   著作権相談は藤枝法務事務所へ


無料相談受付中!電話受付は平日10:00~20:00
お問い合わせフォームは24時間365日対応
047-405-2782
お問い合わせフォームはコチラから

「キティライター」を無断製造したとして製造会社社長逮捕

著作権ニュース

「キティライター」を無断製造したとして製造会社社長逮捕

<2009年10月6日>
情報元:http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091006STXKB034705102009.html
NIKKEI NET「キティのライター無断製造 著作権法違反容疑で社長ら逮捕」2009/010/06


以下、情報元より引用

人気キャラクター「ハローキティ」の絵柄を印刷したライターを無許可で製造、販売したとして、富山県警入善署などは5日、著作権法違反の疑いで、ライター製造会社社長らを逮捕した。

引用はここまで


【著作権違反者】

ライター製造会社の社長、社員ら計3名

【違反内容】

著作権者(サンリオと思われる)に無断で、その著作物(キャラクター)の絵柄を印刷したライターを製造・販売した疑い。

著作権侵害のうち、複製権の侵害などに該当したものと思われる。



人気キャラクターを無断使用した商品を製造・販売して著作権侵害となったケースですね。

ちなみにですが、「ハローキティ」として商標登録されているもののうち、キティちゃんの絵柄でサンリオが商標登録しているものもございますので、今回の事件では、この商標権の侵害の罪も考えられるかなと思います。


キャラクターを使用して商品化する場合、著作権のみならず、こういった商標権、他にも不正競争防止法なども絡んでくるので、著作権さえクリアすればいいかというとそうではなかったりするので、このあたりは実務上、注意が必要なところです。


それゆえに、「キャラクター商品化許諾契約」ってとても大事なので、ここをおろそかにすると、本件のようなことになってしまいます。


個人的には、今回の事件を知って「まだまだこういう事件が絶えないんだな」と改めて思いました。


著作権者団体が出版社に対し・・ | 著作権ニュース一覧へ | 雑誌オンラインサービス・・

対応地域



  以下の業務は全国対応
 ・契約書業務(契約書の作成代行、チェック修正、雛形提供)
 ・著作権業務(著作権登録、存在事実証明作成、各種相談)

お気軽にお問い合わせください 047-405-2782

著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所     

業務案内

【著作権ブログ】
著作権 侵害・違反を考える

【各契約書ページ】
著作権関連


IT関連




【メディア掲載実績】
・日本経済新聞 電子版
 2011年5月30日、2011年5月31日
 「開発費不要をうたうIT企業の思惑」
 「新事業モデル支える二つの契約形態」
 取材協力等

・日経コンピュータ2011年4月28日号
 レベニューシェア契約に関する取材協力等
レベニューシェア契約