著作物の明細書 | 著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所

著作権・契約書の作成代行、許認可申請 制作業に携わる方々をサポートする千葉県船橋の行政書士   藤枝法務事務所


    契約書作成・チェック・雛形提供や
   著作権相談は藤枝法務事務所へ


無料相談受付中!電話受付は平日10:00~20:00
お問い合わせフォームは24時間365日対応
047-405-2782
お問い合わせフォームはコチラから

著作物の明細書

概要



著作権登録のうち、すべての登録に共通して提出すべき資料として、「申請書」のほかに「著作物の明細書」がございます。


この「著作物の明細書」は著作物の題号や著作物の種類、著作物の内容などを記載する書類となります。


注意点など



書式の様式は原則としてどの登録の場合でも共通しておりますが、著作隣接権の登録」の場合のみ様式が異なっております。

また、登録の目的となる著作物について前登録がある場合には、「著作物の明細書」の提出は不要となります。




書式サンプル




著 作 物 の 明 細 書


1 著作物の題号    やる夫で学ぶ行政書士試験

2 著作者の氏名(名称)  著作 太郎

3 著作者の国籍

4 最初の公表の際に表示された著作者名
             無名

5 最初の公表年月日  平成21年8月15日

6 最初に発行された国の国名

7 著作物の種類     映画の著作物

8 著作物の内容又は体様
司法試験6年連続失敗のやる夫が、母親の勧めもあり、心機一転、行政書士試験の合格を目指し、友人のやらない夫や様々な講師のアドバイス・助力を得て、時にはつまづきながらもひたすら勉強していく様をコミカルに描いていく物語。また、本作品はドキュメンタリー風に撮影されている点に映像的特徴がある。



著作権の登録についてはこちら → 著作権の登録



明細書の書き方や申請方法などについて、ご不明点などがございましたらお問い合わせ頂ければと思います。

初回相談料は無料です
お問い合わせはコチラ

記載方法の注意点など


【1.著作物の題号】
 申請書の「著作物の題号」と一致していること。
 題号がない場合等、次のように記載する。

 題号がない → 「なし」と記載
 題号が不明 → 「不明」と記載

【2.著作者の氏名(名称)】
 実名(本名)を記載する。漢字にはフリガナをつける。

【3.著作者の国籍】

著作者が外国人又は外国法人である場合のみ記載する。
 著作者が日本人又は日本法人である場合は記載せずに空欄とする。

【4.最初の公表の際に表示された著作者名】
 「実名」で公表していた場合 → 実名を記載
 「変名」で公表していた場合 → 変名を記載
 「無名」で公表していた場合 → 「無名」と記載
 「未公表」の場合 → 記載せずに空欄とする。

【5.最初の公表年月日】
 未公表の場合は「未公表」と記載する

【6.最初に発行された国の国名】

外国人または外国法人の著作物の場合のみ記載する。
 日本人または日本法人の著作物の場合は、記載せずに空欄とする。

【7.著作物の種類】
 以下に該当する著作物の種類名を記載する

言語の著作物 音楽の著作物 舞踊、無言劇の著作物 美術の著作物
建築の著作物 地図、図形の著作物 映画の著作物 写真の著作物
編集著作物 データベースの著作物 プログラムの著作物


【8.著作物の内容又は体様】
 著作物の内容又は体様を400字以内にまとめて記載する。なお、著作物そのものを添付する必要はない。

 美術の著作物、建築の著作物、図形の著作物、写真の著作物については、著作物の写真・図面などを添付してもよい。


関連する申請書等

対応地域



  以下の業務は全国対応
 ・契約書業務(契約書の作成代行、チェック修正、雛形提供)
 ・著作権業務(著作権登録、存在事実証明作成、各種相談)

お気軽にお問い合わせください 047-405-2782

著作権・契約書作成なら藤枝法務事務所     

業務案内

【著作権ブログ】
著作権 侵害・違反を考える

【各契約書ページ】
著作権関連


IT関連




【メディア掲載実績】
・日本経済新聞 電子版
 2011年5月30日、2011年5月31日
 「開発費不要をうたうIT企業の思惑」
 「新事業モデル支える二つの契約形態」
 取材協力等

・日経コンピュータ2011年4月28日号
 レベニューシェア契約に関する取材協力等
レベニューシェア契約